コンセプト


 

ひとりひとりが、

「自分がやりたくて周りも嬉しい」を形にする社会…
もし、それがポスト資本主義な社会だったら、今が過渡期なのかもしれない。

 

インターネットが進み、インフラが整い、
いろんなことがお金をかけなくても可能になっている。

社会に参画する主体性…「社会的自己」
でも、自分のことをしっかり考えたことなんてない。
周りの嬉しいなんて、しっかり考えたことなんてない。

 

PaKTはツクって提案する環境
ツクって提案する環境で、「自分がやりたくて、周りが嬉しいもの」を生み出してみよう。

 

たくさんたくさん、自分と会話して、
たくさんたくさん、PaKTの大学生と話して、きっと見つかるはず。

あなたにとっての「社会的自己」
誰もが成長することで持てる関係資本で「実現」する方法

その一歩目をPaKTCaMPで。

 

PaKT統括 松榮秀士

1)ツクって提案


PaKTCaMPはツクって提案する合宿。
第4期のPaKTCaMPでは、コンテンツを作ります。

8月10日〜12日に開催されるマナビノバキャンプにて、コンテンツを実施。

ツクって提案する。だからこそ、過程で学ぶ。自分を知る。それがPaKTCaMPの醍醐味です。

2)メッセージ

※PaKT CaMPの運営・参加者サポートを行うメンバーです。


松榮秀士(まつえ しゅうし)

 

PaKT統括/教育デザイナー

ツクって提案すること(状況を作り出すこと)っていうのが、これからの社会でとっても大事になります。
そのためには、2つ学ばないといけないことがあります。1つは、ツクって提案する技術。もうひとつは、自分が望む状況を知ることです。残念ながら現在の教育では、ツクって提案することを学ぶ機会はないかもしれませんし、自分と向き合う時間が圧倒的に不足しています。PaKTCaMPでは、自分と向き合い、自分が望む状況を知り、ツクって提案することでその状況を産む術を学びます。あなたの挑戦を待っています。

 

篠﨑由佳(しのざき ゆか)

 

PaKT社員

「こうあるべきだ」という自分の無意識的な常識で自分自身を生きにくくしている人が多いように思います。無意識的な常識について改めて考える機会や時間がなく、同じ悩みを繰り返している方も多いのではないでしょうか。大切なことは“自分の心が何を望んでいるか”を知っていること。自分の中のモヤモヤ・違和感と対話し、向き合い、自分で1つ1つ納得しながら進んでいく。そうしていく中で初めて「やってみたい」「学びたい」というエネルギーが湧いてくるのだと思います。“自分の心が望んでいること”を一緒に探しましょう。 


3)PaKTとは


PaKT ツクるを学ぶ環境を

2010年5月創設。組織のための組織ではなく、個人のための組織として「ひとりのやりたい」を「みんなで叶える」ツクるをカナブ環境をデザイン。PaKTと同一空間で大学生が手本となって小・中・高校生が進路をイメージする 勉強した先が見える塾「マナビノバ」でソーシャルビジネス化へ。「村・留学」を企画開発運営し、地域資源を教育資源へ事業化するなど、世の中にない革新的な手法を展開。 green drinks Kyotoオーガナイザーでもあり、持続可能を楽しく考える場作りも実施。利他的に働く視点を得るため、ハタラクキャンプを企画。2017年主体的な学びのため国際事業部を設立。これからの教育の最先端へ。

4)メイン会場


下鴨事務所

PaKT office

下鴨事務所は、マナビノバ<塾>

greendrinksKyoto<プロジェクト>を運営しています。

西院事務所

PaKT HOUSE

西院事務所は、マナビノバ<塾>・あそびのば<学童保育>を運営しています。

宿泊施設

PaKT HOUSE

PaKTにはシェア社宅があります。

そこに参加者やメンバー、社員と宿泊します。


5)スケジュール


募集開始

事前説明会  2018年5月13日(日)13-17時 @東京学芸大学

 「テーマ:「今、改めて考えたい。教育について、社会について、自分について。
  ※別途FACEBOOKにてイベントページ作成

 

募集締切 2018年7月5日(木)

事前研修

 Onlineにて 2018年7月27日(金)19:00〜

合宿 4期生 2018年 8月4日(土)〜8月12日(日) 8泊9日

   <マナビノバキャンプ 2018年8月9日(木)-11日(土)>
振り返り   未定

フォローUP(希望者のみ)

大基さやか(さやか)

静岡大学4回生(参加当時)

PaKT CaMPは今までで1番濃い1週間だと思う。毎日考えて、学んで、悩んで、笑ったり泣いたり、自分の中の感情を曝け出していた。たくさんの人に助けられて、支えられていた。PaKT CaMPは自分のやりたいをとても後押ししてくれる。「めちゃええやん。」って言ってくれる。受け止めてくれる。自分の目指してたつくるを学ぶはやりきれなかったところもあって悔しかった。けどその悔しさも参加したからこそ経験できた。PaKT CaMPは人それぞれCaMPを作ることができる。参加して本当に良かった。

齋藤一葉(かずは)

神戸国際大学3回生(参加当時)

楽しめたらいいな、くらいの感覚で参加したキャンプなのに、終わる頃には涙が出るほど本気になっていました。大学とはなにかが違う環境。「なにしたい?使えるものはなんでも使って。できなかったら人に頼ればいい。」そう言ってもらえる環境がありました。そして、人を想うってなに?働くってなに?こんな話題を本気で話すひとがたくさんいました。だからこそ、本気になれたんだと思います。唯一自分に対して良かったと思うことは「とりあえず参加してみよう。なんかあるかも。」ってゆう感覚を信じてみたこと!できん理由は簡単に作れる。でもなにか変わるかも、楽しそう、そんな自分の感覚を信じられるかどうかが、なにをするにも最初の一歩なんだと思います。PaKTの人は、みんな本気です!本気でこのキャンプを創るし、本気で一緒に楽しむし、本気で来てくれた人にかえしたいと頑張ります!だから来てほしい。このキャンプに参加した一人として、ほんとにそう思います。信じてみませんか?なんかあるかも!!!


西村幹子(みっこ)

早稲田大学3回生(参加当時)

自分の気持ちや想いを伝えられる場所があって、受け入れて、一緒に考えてくれる人がいる。大切な仲間になる時間真剣に向き合って伝えてくれる言葉がすごく嬉しい。迷った時に相談できるってすごくあったかい。私の大好きな人たちだから、もっと気持ちを伝えたい。期間が終わったから終わりじゃなくて私のPaKT CaMPは続いていく。何がやりたいのかわからなくても好きって感じる気持ちを大事にして、目の前のことに全力で私らしくいたい。

松島響子(きょんきょん)

東京学芸大学3回生(参加当時)

あなたはどうなりたいの?あなたはどうしたいの?聞かれるたびに、答えられず辛かった。そんなとき、自分を見つめるきっかけをくれたのが、PaKT CaMPだった。最初は、人に相談するのが怖かった。でも、一緒に悩んでほしい、考えてほしい、そう素直に声に出したとき、受け止めてくれる仲間がいた。ツクって提案すること。きっと生きることはその連続。これから何をツクっていこう。これから何を提案していこう。これからを生きていく中で、大切なことを教わった、素敵でかけがえのない9日間だった。


 

準備中

準備中


準備中


6)スタッフ紹介


松榮秀士(まつえ しゅうし)

 

PaKT統括/教育デザイナー

1984年大阪生まれ。典型的なADHDがありクラスで班に入れない子供。しかし、脳の発育とともに特異性も進化。違う観点で捉え、社会の在り方、常識に疑問をもち、問題の根幹を探るようになる。2010PaKTを創設。大学生が創って提案するという仕事の本質を学ぶ機会がないまま社会に出ることの問題点に気付き、自ら環境を作る。2012年学習塾「マナビノバ」を創業。 利益をPaKTの活動に循環しソーシャルビジネス化へ。京都市ソーシャルプロダクツとして認定。持続可能性を探る過程で地域資源を教育資源に変える「村・留学事業」を確立。京都府知事賞受賞。教育デザイナーとは学びの環境をデザインする者という造語である。

 

メインプロモータ紹介岡山生まれ。社会人3年目。

幼い頃から体を動かすことが大好きで、うんていのしすぎで手が長くなる。(写真参照)高校生の頃、化学資料集に出ていた金属材料に魅力を感じて理系の道を選ぶ。大学では金属工学を専攻するものの、自分は金属研究をする人間では無いと自覚する。大学卒業後には大手不動産広告企業に就職。賃貸営業部門月間トップセールスを獲得する。PaKTの理想とする社会がまさに自分が求めていた社会だと共感し、1年で会社を辞めてPaKT company合同会社に転職。"自分で自分を幸せにできる感性"が輝く社会を目指している。