PaKTはツクるを学ぶ環境をDesign

ツクって提案する。

これからの答えのない時代に、社会で必要とされる力を多様性を勝ち取る時代。

常識がなければ、ツクればいい。

PaKTでは、フィンランド教育を日本に合う形で空想・想像・創造をしていく。

PaKTのロゴはパレットを表現

PaKTはパレットをロゴにしました。

 

パレットに自分という色を出す。

プロジェクトという真っ白なキャンパスに向かいあなたが描く。仲間と描く。

過程で、学び、気付きを得ていく環境を


フィンラド教育とPaKT

 世界一と言われたフィンランド教育。それを日本で適応する形で取り入れようとしたのが、PaKTの起こりです。なぜ、フィンランドは世界一の教育なのか。フィンランド教育の本質を創設者の松榮秀士は、「自然」と「信頼」であると捉えました。エアギターや、凍った池を使ったメリーゴーランド、サウナ文化、マリメッコ、ムーミン。フィンランドは、自然を愛し都市と田舎の2拠点での生活をする人が多いそうです。なにもない自然の中で、空想する。希少性に価値があるのは、ご存知の通りです。空想はその人だけのものであり、希少性そのもの。しかし、空想では、他者は触れられません。そこで、想像できる状態にします。つまり、企画書に落とし込みます。企画書は現代人の魔法。企画書にして伝えることで、一人の空想を共有することができます。触れられるものになります。そこから実際に形にしていく創造の段階があります。創造とは、感じられるものをツクるということです。自然を起源にした教育は、空想→想像→創造のサイクルを繰り返し、その過程で失敗を繰り返し、反省し力を得るようになります。

 

 信頼とは、目をかけてもらっているという安心感から生まれます。安心安全の環境であるからこそ、人は挑戦できます。深い話をしたり、弱みを打ち明けたりし、共感共有の中から応援が自然発生的に生まれてきます。教育に必要なことは、この信頼がある環境。信頼できるのかどうかを、子どもでも大人でも関係なく、人はみようとします。フィンランド教育の中で、本当かどうかわかりませんが、宿題がないという話を聞いたことがあります。この話を聞いたとき、納得したことを覚えています。それは、勉強をしていないということではありません。目をかけてくれていると安心できる環境がある人は、宿題という形でなくても、努力したいと感じるし、努力したことを伝えたい!と思うはずですから。学ぶとは、挑戦するとは、環境が大切だということです。

 

 フィンランド教育で気づいた本質を日本で行う。そのまま持ってきても合わないところがありました。そこで、日本で受け入れられる形にしようと、3つのルールを決め、その3つをすべて満たしている形で、空想→想像→創造の過程で学ぶサイクルを行う環境がPaKTです

3つのルールとPaKT

空想→想像→創造の過程で学ぶサイクルは、日本で自由に行えません。ヒエラルキー構造のトップダウン型組織(誰かが正解になる組織)ではなく、誰もが手を挙げ、逆ヒエラルキー構造平面6方向展開型組織(誰もの正解になり、お願いから広がる組織)である必要があると考え、地域・共育・アートのルールができました。PaKTでの活動は、全てこの3つのルールを満たすことが前提になっています。

 

  • 地 域|自分たちがなにかやろうという場所は、誰かがオモイをもってツクった場所。しっかりとコミュニケーション・カンバセーションを行いオモイに応える形で行う。 

  • 共 育|企画者にも学びがあり、参加者にも学びがあること。

  • アート|遊び心。感動するもの全てがアート。アート視点(表現の根源)をもって、感情を動かす工夫を考えること。

RBL教育

Relationship based learning

自らの動機を産み、答えを自ら見つけ出し、仲間と共に進める理論を学ぶ。

PaKTの社員は、RBL理論に沿って向き合っていきます。

仲間と共に取り組み

組織のための組織ではなく、個人のための組織として

「ひとりのやりたい」を「みんなで叶える」

ツクるをマナブ環境PaKTingをデザイン

2つの拠点

京都に「ツクるを学ぶ環境」のパクトオフィスと「住むを面白くする」パクトハウスの2つの拠点があります。



費用は無料

大学生はお金がない。当たり前ですよね。仕事をしていないのだから。だけど、ツクって提案する機会がないまま社会人になる・・・

だからこそ、PaKTは活動費用を無料にしました。

 PaKTはマナビノバという小・中・高校生のための勉強した先が見える塾を運営しています。

 2011年よりマナビノバの利益で、PaKTの活動が出来るように仕組みをツクりました。場所代も社員の人件費もプロジェクトの経費もソーシャル・ビジネスの力で。生徒達にとっては、皆さんが頑張る姿が価値感を広げるキッカケとなり還元になります。