PaKTについて


PaKTのロゴはパレットを表現


PaKTというパレットの自分の色を出して、真っ白なキャンパスにプロジェクトという絵を描こうっていう意味があります。 

フィンランド教育とPaKT


 世界一と言われたフィンランド教育。それを日本で適応する形で取り入れようとしたのが、PaKTの起こりです。 なぜ、フィンランドは世界一の教育なのか。フィンランド教育の本質を創設者の松榮秀士は、「自然」と「信頼」であると捉えました。エアギターや、凍った池を使ったメリーゴーランド、サウナ文化、マリメッコ、ムーミン。フィンランドは、自然を愛し都市と田舎の2拠点での生活をする人が多いそうです。なにもない自然の中で、空想する。希少性に価値があるのは、ご存知の通りです。空想はその人だけのものであり、希少性そのもの。しかし、空想では、他者は触れられません。そこで、想像できる状態にします。つまり、企画書に落とし込みます。企画書は現代人の魔法。企画書にして伝えることで、一人の空想を共有することができます。触れられるものになります。そこから実際に形にしていく創造の段階があります。創造とは、感じられるものをツクるということです。自然を起源にした教育は、空想→想像→創造のサイクルを繰り返し、その過程で失敗を繰り返し、反省し力を得るようになります。

 信頼とは、目をかけてもらっているという安心感から生まれます。安心安全の環境であるからこそ、人は挑戦できます。深い話をしたり、弱みを打ち明けたりし、共感共有の中から応援が自然発生的に生まれてきます。教育に必要なことは、この信頼がある環境。信頼できるのかどうかを、子どもでも大人でも関係なく、人はみようとします。フィンランド教育の中で、本当かどうかわかりませんが、宿題がないという話を聞いたことがあります。この話を聞いたとき、納得したことを覚えています。それは、勉強をしていないということではありません。目をかけてくれていると安心できる環境がある人は、宿題という形でなくても、努力したいと感じるし、努力したことを伝えたい!と思うはずですから。学ぶとは、挑戦するとは、環境が大切だということです。

 フィンランド教育で気づいた本質を日本で行う。そのまま持ってきても合わないところがありました。そこで、日本で受け入れられる形にしようと、3つのルールを決め、その3つをすべて満たしている形で、空想→想像→創造の過程で学ぶサイクルを行う環境がPaKTです。

3つのルールとPaKT


 空想→想像→創造の過程で学ぶサイクルは、日本で自由に行えません。ヒエラルキー構造のトップダウン型組織(誰かが正解になる組織)ではなく、誰もが手を挙げ、逆ヒエラルキー構造平面6方向展開型組織(誰もの正解になり、お願いから広がる組織)である必要があると考えました。そこで地域・共育・アートのルールができました。

地 域|

自分たちがなにかやろうという場所は、誰かがオモイをもってツクった場所。しっかりとコミュニケーション・カンバセーションを行いオモイに応える形で行う。

共 育|

企画者にも学びがあり、参加者にも学びがあること。

アート|

遊び心。感動するもの全てがアート。アートという視点をもって、感情を動かす工夫を考えること。

フィロソフィーとPaKT


 PaKTの願いは、PaKTでしっかりと関わってきた仲間が将来に渡って、社会から圧倒的に頼られる人になることです。頼られることで、役割や居場所が生まれます。あなたじゃなくても良いと言われる人ではなく、あなたじゃないと困るという人へ。人生最大の不幸は、孤独であることです。孤独とは、誰のことも思い浮かばない状況。自立、自己責任、人様に迷惑をかけるな、の社会では、ひとりひとりが抱えすぎ、孤独になる側面があると考えています。自立ではなく、支え合い。自己責任ではなく、他己責任。人様に迷惑をかけるなではなく、人様に迷惑をかけさせてもらう。こういった価値観とともに、「人は弱い。弱いのは自分だけでなく、みんな弱い」という認識をもって、やってあげたいとありがとうの関係性で人が育つ環境を目指しています。