RBL教育(Relationship-based learning)とはなにか

 

予め解決方法が決まっていない課題に取り組む過程でメンバーが抱える個人的な不安や悩みも共有し、

人と人との関係性を基盤に、チームで楽しみながら解決していく学習方法です。

 

▼小・中・高校生にとってのRBL教育

 

教科を通じて、関わる術を学んでいきます。

山を例にすると、

数学的に捉えると、木の本数で捉えることが出来ます。または、面積で捉えることができる。
国語的に捉えると、物語を生み出すことができる。

理科的に捉えると、CO2の吸収量を知ることができるし、動植物を研究することもできる。

社会的に捉えると、地理関係や、歴史から文化を知ることができる。

 

このように1つの事象を捉えるための術を小・中・高校の間で学ぶことになる。

 

 

▼大学生にとってのRBL教育

 

高校までで学んだ術を活かし、実際にプロジェクトにして、関わり方を学んでいきます。

山を例にすると、

物語を創りだすことで、価値を構築し、山の捉え方を定義付けする。

チームで動けるように、プロジェクトとして見える化するにあたり、数学的思考で要素分解していく。

理科的に事象を細かく分析し、社会的に一般化していく。

その過程で起こる、ドラマやトラブル、人の感情、環境の変化を通じて、自身の役割や立場など、様々な要素を立体的に捉える力を養成します。

 

 

なぜ、RBL教育が有効なのか

 

今社会では、成果のみに注力し、その過程をおろそかにしている傾向にあります。

その結果、心身ともに疲れ果ててしまう人は少なくありません。RBL教育を受けた人は、自分だけでなく、仕事を含む自分の周りのコミュニティに働きかけ、お互いの悩みや不安を共有する関係性を構築し、プロジェクトに取り組むことができるようになります。

過程をも楽しむことで、予想した以上の成果を生み出せる創造性を持った人へとなっていきます。

 

RBL教育を受けた人がいることで、周りの人を巻き込み、チームでリスクのシェアや喜びの共有ができるのです。

人はひとりではない。

これがRBL教育が目指す豊かさであり、

人、そして社会を豊かにしていくことに繋がっていきます。

 

 

 ※PBL教育とは…Project-based Learning 課題解決型学習のことです。

予め解決方法が決まっていない課題に対し、自主的に学習して課題解決していく学習方法。