-パクトハウス-

・2050年はどんな社会だろう

人口が3,000万人減ることに伴う経済の縮小、エネルギーの枯渇、食料・水の不足

 

経済的理由による出産、子育ての放棄、頼りあえない社会・・・

 

そんなのは、嫌だ。。。

 

小さくても、人が豊かに生きる術を提案できないのだろうか。

 

この社会は、先に生まれた人に使用料を支払って成り立っている。不公平だと思う。パクトハウスでは、どんどん使える共有財が増えていき、あとから関わる人が、使える共有財が増えていくようにしたい。だからといって、先にいる人達が貧しいわけでもない。家族のように、いつでも頼れるという価値観を育成させていくのだから。

 

・拡張家族(メイトと呼んでるよ):家族の概念を広げる。

家族とは、血縁者であったり、夫婦であったり。お互いの強みと弱みを性格として認識している。ここに夫婦以外の他人が入り込む余地がない。拡張(メイト)とは、ここに夫婦以外の他人が入り込む余地をつくるといこと。

 

・「やってあげたい」で関わる。

ルールはつくらない。ルールをつくれば、ジャッジが生まれ、正義が生まれる。正義が振りかざされる前には、イライラが生まれる。人はできないこともあるできないときもある。頼むのが苦手だったり、頼るのが苦手だったりもする。やってあげたいって思えるのと、やってあげたいから生まれた「ありがとう」という気持ちの交換。

 

・住むを面白がる。

住むってなんだろうか。面白く「住む」というのを考えてみた。まだまだ住むことは、未開発だ。ハードではなく、ソフトを開発する。ソフトの開発は、問いを持つことからはじめよう「住むを面白がれているか?」

 

家賃はパクトの活動資金として有効活用。

パクトは、儲からないところでも、それが必要で感動があると思ったら、積極的に実施している。対象者にお金がないことも多いので、収支にも無理がある。家賃として支払うお金が、パクト環境のアップデートへつながる。感じるお金の使い方へ。

 

パクトハウス概要説明/空き室状況


空き室状況

  • 畳男性2人(あと1名空きがあります)
  • 6畳男性2人(あと1名空きがあります)
  • 8畳女性人(あと1名空きあります)
  • F共用スペース 14

 
入居料金

  • 1ヶ月35,000
  • インターネット込(wifi1ghz)
  • 食費水道光熱共益費は別途

※入居時、入居金家賃2ヶ月分必要[分割可]

※お試し入居可能(1日1,500円) 2週間以内

→事前の申込が必須

※家財保険は個人にて必須

  • 入居時、すき焼きパーティするよ

公共交通機関(2wayアクセス)

  • 地下鉄今出川駅      徒歩
  • 京阪出町柳駅       徒歩9分
  • 京都市バス 河原町今出川 徒歩6分

最寄りの観光地

  • 鴨川デルタ 徒歩6分
  • 下鴨神社  徒歩8分
  • 京都御所  徒歩5分

近くの買い物

  • スーパー 出町柳商店街  徒歩3分
  • コンビニ セブンイレブン 徒歩2分

近くの生活店

  • 美容室 徒歩3分
  • 接骨院 徒歩1分
  • 飲食店 ランチ
  •     モーニング6分
  •     バー10分
  • 病院 堀川病院出町柳診療所 徒歩5分
  • 歯医者 徒歩7分
  • 商店街 桝形商店街(出町柳)徒歩4分 

近隣の大学

  • 同志社大学 徒歩9分
  • 京都大学  徒歩15分

車不可(近くに月極あり)バイク可 / 自転車可

ペット 大型不可/小型要相談

 


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です